FC2ブログ

Have a Stroll  ②

Have a Stroll」の歌詞はなかなかいいぞ、の後半。


~赤色の靴履いて お出かけするの日曜のお昼
 コツコツ音立てて 石畳の遊歩道歩くの~

この歌の最初の2行だけで聴く人の情景を詞の世界へいざなう。


コツコツ歩くから、靴は合皮じゃないしスニーカーでもない。
よそいきの赤い革靴を履いて、ちょっとおしゃれをして、
少し上向きに空を見ながら明るく歩く少女のイメージだ。

革靴だからパンツやデニムじゃない、少しフレアーのかかった
スカートに、上は襟元にレースがついているブラウス姿。
それとも、ウエストに赤いベルトが付いたシルクプリントか、
サテン地のようなふわりとした薄手の生地のワンピース姿。

赤い靴だから服の色はビビットカラーじゃない。
やわらかなトーンのパステルカラーで薄いベージュか萌黄か。
小さな花のプリントの裾からチュールかレースが覘く。

そんなかろやかなスタイルで歩くのは、多分4月か5月の風が
そよぐ心地よい春の日だろうか。
石畳の遊歩道だから、○○商店街や○○銀座じゃないし・・・。



たった2行でアラカンおじさんでもここまでイメージしてしまう。
この曲を聴く主なお客さんの年齢層だったら、もっともっと自分
のとなりにいるように、情感を膨らませることができるだろう。

この2行の詞のように、詞で歌われる主人公の状況が分かり易く
イメージできる歌詞は多くはない。場所と時間がはっきりして
いるから、浮かぶ絵が動画となってこころや頭の中を巡る。



Have a Stroll 心地いい風 浴びて キミのこと待つよ
 遅めのランチ食べたら なんだか眠くなった~

キミとの関係、こころとからだの様子、安定と安心・・・。
 なんだか眠くなった で、ふむふむなるほどとうなずく。



( 日曜の昼下がりにちょっとおしゃれして、
  ぶらぶらしていたらおなかがすいたので、
  ごはんを食べたら眠たくなっちゃった )

ただそれだけの、ささやかで小さな日常をモチーフにした「Have a Stroll」。
Perfume world にこんなやさしい作品も十分にアリだ。
ワールド路線が続く Perfume には、ほっとする日常も必要だ。


ちょっとした日常のありようや出来事、そのときのこころの
様子やこころの移ろい。
だから、「Have a Stroll」の歌詞はいいのだ。

そんな「Have a Stroll」は Perfume のイメージに強く寄り添う。


そんな歌詞世界を、ここまでの高みまでダンス表現で演出した水野先生の
見識の高さと技術の完成度の見事さが、この楽曲に稀有ともいえる人格を
もたらしたのはいまさら言うまでもないこと。


それにしても、中田さんはどこまでロマンチストなんだろうか。





スポンサーサイト



Date: 2012.08.03 Category: Perfume  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック: