スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

眼のチカラ。


Perfumeのファンになった頃、三人のうちの誰が一番いいなんてことはまったく思わなかった。
ユニットの物語性とそういう事と真反対にある先進性が、三人の個性やキャラクターに相互にうまく左右し、
稀有なユニットPerfumeとして成り立っているように感じていた。

そのことがとても魅力的で、三人のどんなことも好き嫌いの物指しでは計れないと思っていた。
例えばダンス。三人の動きや技術にただ魅入るだけなのだが、皮膚感覚的な違いは感じることもある。

実は先天的なダンスのうまさや柔軟さは西脇さん。立ち振る舞いの美しさや体のしなやかさなら大本さん。
そして、眼を中心にした体全体を使う表現力なら樫野さん。と、密かで勝手な見方をして楽しんでいる。
だから、だれが好きとかでなく、自然にPerfumeの三人ともが好きだった。

「だった」という過去形になったのは、ここにきてこの微妙な思いが少し変わってきている。
のんびり何度もDVDを観ていると、ふっとした事が突然魅力的に映ることがある。

今頃になって、樫野さんの「眼」の魅力に気が付いてしまった。どうして今まで気が付かなかっただろう。
[GAME]での遠くを射るようなシャープな眼差し、[Wonder2]の少しうつむくようなさみしげで潤う目じり。
そして、[Perfume]での楽しそうな少し上目使いをした瞳。

いつもみんなを大きく見ている西脇さんや、大きな眼でいつもまっすぐに見る大本さん。
樫野さんの控えめで小さめだけど可愛らしく、気が付けばいろんなことを眼で表現している。

しばらくは、樫野さんの眼のチカラを再確認したい。




スポンサーサイト
Date: 2009.11.22 Category: Perfume  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。