FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

若き日の武道館。


日本武道館
Perfumeファンになるきっかけになったライブ会場としての思いのほかに、大事な思い出がある。

Neil Young]というスーパースターがいる。
20~23歳の頃、この人ばかり聞いていた。はじめての「アイドル」だったかも知れない。
アメリカのロック・ポップスはほとんどこの人を通して見ていた。そして、今でも相当影響を受けている。

1976年3月3日、ニール・ヤング初来日の初日会場が愛知県体育館だった。
待望の来日だったし、はじめての外タレライブでもあった。

前年暮に新アルバム[ZUMA]を発表したばかりなので、曲目も非常に充実したものだった。
(特に初披露となる[Like A Hurricane]は今思い出しても鳥肌が立つ)

ライブ本編が終わり、予定通りのアンコール。会場の興奮は最高潮へ。
いまのライブとは違い、おもに拍手や歓声だけが観客の興奮表現の時代だった。「地蔵」が普通だった。
この日の愛知県体育館は全然違った。自分を含め、多くの観客が腕を振り上げ叫びまくっている。
その時にライブではじめて陶酔状態を経験した。

アンコールが終わり、館内照明が点いても会場の興奮は去らない。終わりのない拍手とアンコールの
催促。それが、10分ほど続いてだろうか、突然エレキギターを振り回してひとりだけで現れてくれた。

明るくなった館内で、ギター一本でニール・ヤングと居残っていたファン100人(?)とで、あの名曲
[シナモンガール]を歌い、涙した。ニール・ヤングが自分だけに歌ってくれていると・・・。

そして、3月11日。当然のように、来日公演最終日の日本武道館へ。
日本武道館は少し違った。陶酔もしなかったし、再アンコールも起きなかった。どこかよそよそしく感じた。
帰りの東海道線鈍行大垣行きは、とてもゆっくりで、朝のコンコースはとても寒かった。


あの日の興奮が彷彿と、衣装が似ている、髪形も同じだったような。1978年のライブ。



スポンサーサイト
Date: 2009.12.13 Category: 洋楽  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。