FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

いつかボサノヴァ。


新曲に関する音楽誌のインタビューやラジオでの三人のPerfume発言なんかを聞くと、どうしたらファン
から飽きられないか、どうしたらもっとファンが楽しめるのかという、あの「楽しさのループ」をいつも念願に
置いていることが再確認できる。

「ファンが楽しい→Perfumeが楽しい→スタッフが楽しい→Perfumeが楽しい→お母さんが楽しい→・・・
 ・・・→Perfumeが楽しい→お客さんが楽しい→Perfumeが楽しい→・・・」

久しぶりに新曲が出てもPerfumeのファンへのそんなスタンスは変わらない、変わって欲しくないと思うこと
はいつものように大切にしている。そんなインタビューが素直に嬉しい。

三人とスタッフとで、こんなことやあんなことをしたらPerfumeに合うなんて話しているようだ。
今年は攻めの年だから、いろんなチャレンジがあるだろう。

そんなことで、中田さんに作ってほしいと以前から思っているサウンドスタイルがある。
「ボサノヴァ」だ。独特のクールさと知性が融合する、感情を押さえたボッサの歌唱法と小気味いいリズム。
そこに、幾重にも重なるタイトで重音圧な中田節のリズムがどう織り上げられるのか。
そして、Perfumeのラテン風ダンスが絡み合う ・・・ そんな妄想が現実に見れたらと願う。

幸い、和風ボサノヴァのマーケットは開放されている。ヒット曲への土壌は豊潤ですらある。
すぐに思いつく大ヒット曲だけでも・・・、

[荒井由美/あの日に帰りたい] [丸山圭子/どうぞこのまま] [尾崎亜美/マイピュアレディ]
[サーカス/Mr.サマータイム] [桑田佳祐/恋人も濡れる街角] ・・・。

すでに、作曲スタイルのひとつのジャンルになっている。
Perfumeだったらこれらのヒット曲とは違った、和風ボサノヴァのひとつの流れにもなるだろう。

すでに [Speed of Sound] でラテン・ロックは実証済み。ボッサ・ロックは必然のようにも思える。
そして、その中田流ラウンジ・サウンドは、少し大人になったPerfumeの新境地にもなると思うのだが・・・。


ボサノヴァ・スタイルのいいところは時代を超えること。1977年発表のこの曲もいつまでも旧くならない。
和風ボサノヴァを代表する佳曲。Perfumeが歌えば・・・。




スポンサーサイト
Date: 2010.04.07 Category: 邦楽  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。